HOME » 理事長通信 » 第15号 事務所移転のお知らせ

理事長通信

第15号 事務所移転のお知らせ

今年は6月のうちに梅雨が明け、早くも暑い夏がやってきました。おまけに電力需給がひっ迫しており、十分な冷房を利かせるのに躊躇する気がします。日常生活の中で無駄に使っている電気はないか、今一度再確認する良い契機になりそうです。

当財団も、基金運用と寄付金により運営している公益財団法人ですので、運営体制に無駄がないかは常にチェックが必要です。その中で、コロナ禍による運営形態により、現在の事務所にスペースが無駄ではないかと考え、この度、事務所を移転いたしました。

当財団の事務所は発足時から虎ノ門にあり、途中2回の移転先も、ずっと虎ノ門でした。今までの事務所には会議を行えるスペースがあり、理事会や評議員会をはじめ、各種の打ち合わせを事務所で開催してまいりました。しかしながら、コロナ禍以降、理事会や評議員会もZoomを用いてネット会議で行うようになり、事務担当者と理事長の定例会議もすべてZoomで行っておりますので、事務局で会議を行うことはほとんどなくなってしまいました。今後、コロナ禍が収束した場合でも、ネット会議の体制は続くだろうと思います。つまり、当財団の事務所の会議スペースは無用の長物になったわけです。また、在宅勤務が定着しておりますので、職員が事務所にて勤務する時間も減っております。そんなわけで、事務所移転の必要性を理事、評議員の皆様にもお認めいただき、事務所探しを行ってまいりました。

以前ほどの広さがなく、家賃経費が節減でき、しかも公益財団法人の事務所として相応しい物件、また本財団は定款に「事務所を東京都港区に置く」、との一文がありますので、港区内にて時間をかけて探してまいりました。この度、浜松町に適切な物件をご紹介いただき、移転の作業も完了し、7月から新事務所で業務を行っております。物件探しにおいては、評議員の和田功氏にお世話になりました。この場を借りまして御礼申し上げます。

長年、事務所があった虎ノ門を去ることになり、一抹の寂寥感がないわけではありませんが、浜松町は駅周辺が大規模開発でずいぶん変貌し、街には活気があふれています。お近くに来られました時はお寄りいただければと思いますが、在宅勤務の場合も多いので、一本の電話いただいてから、お越しいただきますようお願いいたします。

なお、財団事務局の電話番号は、移転に伴って下記のように変更になりました。お間違いのないようにお願いいたします。

 

■新住所
〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-3 芝柳生ビル3階
■新電話番号
03-5843-8856

今後とも一層のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

2022年7月4日

公益社団法人 痛風・尿酸財団 理事長
医療法人財団順和会山王メディカルセンター院長
山中 寿

HOME » 理事長通信 » 第15号 事務所移転のお知らせ

PageTop