HOME » 理事長通信 » 第2号 当財団ホームページの「理事長通信」について

理事長通信

第2号 当財団ホームページの「理事長通信」について

先月から痛風・尿酸財団理事長に就任いたしましたので、この理事長通信を担当させていただくことになりました。
前理事長の鎌谷直之先生は、私が尊敬する恩師でありますが、医学だけでなく、数学、統計学、遺伝学、情報科学などに通暁された稀有な才能の持ち主です。最近では薬剤開発を行って米国に進出されていますし、また人工知能(AI)の分野でも活躍されて情報を発信されています。鎌谷先生は、そのようなご自身の視座からみた卓越した文章を、この理事長通信に掲載してこられました。痛風・尿酸財団ホームページにアクセスされる方の多くは、鎌谷先生の理事長通信を楽しみにしておられたのだと思います。鎌谷先生は、このたび理事長を退任されましたが、当財団の理事のおひとりとして、引き続き「医学の地平線」というコーナーを設けて、今までのような科学の最先端情報を掲載していただくことをお願いいたしました。
したがって、当財団のホームページには3つのコーナーが揃いました。

(1)理事長通信:私が毎月初に更新します。
(2)医学の地平線:鎌谷直之先生が担当されていた理事長通信をこちらに移して執筆していただきます。
(3)痛風・尿酸ニュース:本年4月から開始したコーナーですが、この領域で活躍されている先生方に、痛風、尿酸に関連した最新情報を掲載していただきます。

私は、前理事長の鎌谷先生の不肖の弟子であり、鎌谷先生のように科学の各分野に精通しているとは、とても申せません。今でも毎日患者さんを診察している臨床医ですので、「医学研究者」と言うよりは「お医者さん」のイメージでしょうか。日常診療の視座から見た痛風・尿酸に関連する話題を、読みやすいエッセイとして書いていきたいと思っています。したがって、鎌谷先生が書かれてきた理事長通信とはかなり趣が異なり、いい意味で言えば柔らかく、悪い意味で言えばレベルの低いエッセイになると思われます。このコラムを読まれる方々のご理解をお願い申しあげます。
ちなみに、私は東京女子医科大学在職中の2011年から現在に至るまで、ずっと毎月、患者さん向けのエッセイを書いてきました。こちらもこれからも継続するつもりでおりますが、下記にアクセスしていただくと、全部読むことができます。
http://www.twmu.ac.jp/IOR/index/center-letter.html
https://www.sannoclc.or.jp/mc/patient/department/riumachi/saijiki.html
それでは、来月からの理事長通信をお楽しみに。

2020年7月1日

公益社団法人 痛風・尿酸財団 理事長
医療法人財団順和会山王メディカルセンター院長
山中 寿

HOME » 理事長通信 » 第2号 当財団ホームページの「理事長通信」について

PageTop