HOME » 痛風財団について

痛風財団について

理事長挨拶

鎌谷 直之理事長
株式会社スタージェン情報解析研究所

鎌谷 直之

公益財団法人痛風財団は、1984年8月1日に当時の厚生省の認可を受けて財団法人痛風研究会として発足し、その後2008年12月に施行された新公益法人 法に基づく認定を受けて、2009年12月1日に公益財団法人へ移行した財団で、痛風に関連する研究の助成の他、一般医師や医療関係者を対象とした痛風治療の研修会の開催や痛風協力医療機関の推薦などの活動を行っています。

設立以来、自治医科大学、東京女子医科大学の教授を勤められたわが国の痛風の第一人者、御巫清允先生を理事長として運営され、痛風の研究や診療に大きく貢献してきました。御巫先生の後任として、私、鎌谷直之が理事長の役を仰せつかり、現在に至っています。痛風はすぐ死亡に結びつくような深刻な病気ではありませんが、一度この病気にかかった患者さんの苦悩ははなはだしく、放置すれば恐ろしい合併症の危険もあります。医師であれば誰でもその対策を知る必要があります。しかし残念ながら、日本において痛風の正しい知識を持つ医師の割合は決して高くなく、日常診療にもさしさわりがある状態です。そのような状態を少しでも解消するのが当財団の役割です。少なくとも都道府県に数箇所は痛風や高尿酸血症の正しい診療ができる医療機関が存在してほしいものです。

臨床医学では医師は常に最新の知識を持つ必要があります。例えば、新しい原因やメカニズムが見つかったり、新しい治療薬が発売されたり、治療に対する新しい考え方が発表されます。わが国で、痛風に興味を持って常に研究を続ける研究者を育成することは、良質の痛風診療を維持するためにも欠かせません。

世界に通用する痛風の研究を促進するため、公益財団法人痛風財団はこれまでのように、痛風に関連する研究の助成に力を入れます。 また、痛風研修会などを通じて、医療関係者の医学、医療知識の増強もはかります。常に、より有効で、より安全な治療を目指す医療関係者に最新の知識と技術を提供します。最近では患者さんや家族の方もかなりの医学知識を持っていることも多いので、それに正しく対処するには、それよりも深い医学知識が必要なのです。
また、患者さんの質問などに応じ、痛風協力医療機関の紹介を続けますが、それを拡大し、社会への痛風、高尿酸血症に関する正しい知識の提供に、さらに力を入れたいと考えています。また、最近アジア諸国で痛風が増えています。海外、特にアジア諸国との痛風診療と研究の情報交換を推進したいと思います。

HOME » 痛風財団について

PageTop