最新情報

事務連絡

財団名称変更について

令和元年5月31日の評議員会において公益財団法人痛風財団は、「公益財団法人痛風・尿酸財団」と名称を変更することが決まりました。痛風に加えて、尿酸という文字が入りました。正式な名称の変更は7月1日からです。
数年前から痛風や尿酸に関係する医師や研究者から、公益財団法人痛風財団の名称の中に「尿酸」の文字を入れてほしいとの要望が多数寄せられていました。その理由は、痛風を発症していない高尿酸血症の人も対象であることを明確に示してほしい、循環器疾患、腎臓疾患、神経疾患、血液疾患、内分泌疾患などでも尿酸が重要だが、それらも対象とする財団であることを示してほしい、更に、尿酸に関係する薬は痛風以外の状態にも効果がある可能性があるが、それらも対象とすることを示してほしい、などです。
これらの問題は「痛風」という範疇に含めることは不可能です。痛風の専門家だけでは解決の付かない問題です。しかし、研究の進展によっては様々な分野に大きく貢献する可能性も高いと言えます。
以上のような理由で、7月1日から「公益財団法人痛風財団」は「公益財団法人痛風・尿酸財団」と名前を変更いたしました。これにより多くの医師、医学研究者更には医療従事者、患者さんや一般の方々も参加できる財団になると考えています。

PageTop