HOME » 理事長通信 » 2009年 » 第5号 痛風治療の新薬について

2009年04月03日

第5号 痛風治療の新薬について

痛風の治療薬として新しい薬がヨーロッパとアメリカで認可されました。フェブキソスタットという薬です。この薬は痛風の薬の中でも、尿酸値を下げる薬で、最も根本的な治療法となる薬です。これまでにも、プロベネシッド、アロプリノール、ベンズブロマロンという同じような作用の薬が発売されていました。尿酸を下げる薬の中には、肝臓で尿酸を作る酵素を抑える薬(産生阻害薬)と腎臓で尿酸の再吸収を抑える薬(排泄促進薬)という二種類の薬がありますが、フェブキソスタットは産生阻害薬です。これまで市販された産生阻害薬はアロプリノール一種類しかありませんでした。約40年間も、この種類の薬は市販されていなかったのです。

アロプリノールが効きにくい人や副作用が出る人もいるので、新しい薬が待たれていましたがようやく発売されたと言うことです。最近の論文によると、フェブキソスタットはアロプリノールと同様の副作用の頻度で、効果はアロプリノールより強力なようです。尿酸値を下げ、痛風発作を抑えるだけではなく、痛風結節を小さくし、消失させる作用も強いと発表されています。下の論文にその結果が発表されています。

この薬は、もともと日本の帝人ファーマで開発された薬ですが、アメリカとヨーロッパで先に市販されました。このように、日本では薬の承認のプロセスが非常に遅いことが多いのです。このため国益が損なわれていると考えられます。安全性の確保のため、慎重になりがちなことは良いことでも有りますが、もう一つの問題は、日本の新薬の認可にかかわる体制が欧米と比べると小さいことです。人手が足りず、認可が滞っているのです。できるだけはやく、日本の新薬認可制度を充実する必要があると思います。
Chao J, Terkeltaub R. A critical reappraisal of allopurinol dosing, safety, and efficacy for hyperuricemia in gout. Curr Rheumatol Rep. 2009 Apr;11(2):135-40.
Becker MA, Schumacher HR, Macdonald PA, Lloyd E, Lademacher C. Clinical Efficacy and Safety of Successful Longterm Urate Lowering with Febuxostat or Allopurinol in Subjects with Gout. J Rheumatol. 2009 Mar 13. [Epub ahead of print]
Schumacher HR Jr, Becker MA, Lloyd E, MacDonald PA, Lademacher C. Febuxostat in the treatment of gout: 5-yr findings of the FOCUS efficacy and safety study. Rheumatology (Oxford). 2009 Feb;48(2):188-94.
Schumacher HR Jr, Becker MA, Wortmann RL, Macdonald PA, Hunt B, Streit J, Lademacher C, Joseph-Ridge N. Effects of febuxostat versus allopurinol and placebo in reducing serum urate in subjects with hyperuricemia and gout: a 28-week, phase III, randomized, double-blind, parallel-group trial. Arthritis Rheum. 2008 Nov 15;59(11):1540-8.
Becker MA, Schumacher HR Jr, Wortmann RL, MacDonald PA, Palo WA, Eustace D, Vernillet L, Joseph-Ridge N. Febuxostat, a novel nonpurine selective inhibitor of xanthine oxidase: a twenty-eight-day, multicenter, phase II, randomized, double-blind, placebo-controlled, dose-response clinical trial examining safety and efficacy in patients with gout. Arthritis Rheum. 2005 Mar;52(3):916-23.
Becker MA, Schumacher HR Jr, Wortmann RL, MacDonald PA, Eustace D, Palo WA, Streit J, Joseph-Ridge N. Febuxostat compared with allopurinol in patients with hyperuricemia and gout. N Engl J Med. 2005 Dec 8;353(23):2450-61.


HOME » 理事長通信 » 2009年 » 第5号 痛風治療の新薬について

PageTop